7月、8月、9月の旬野菜と言えば冬瓜(とうがん)!

冬瓜 旬料理

7月、8月、9月にかけて旬を迎える野菜と言えば『冬瓜(とうがん)』です。この時期になると、スーパーや八百屋さんなどでも冬瓜(とうがん)を見かける事も多いですし、地域によってはご近所さんから収穫したてのみずみずしい冬瓜(とうがん)や、冬瓜料理を頂く事も多いのではないでしょうか。

ところで、7月、8月、9月と言えば季節は夏真っ盛り。なのに何故、夏に旬を迎える冬瓜(とうがん)に『冬』という文字が含まれているのでしょう。旬が夏なのに冬瓜(とうがん)?なんとも不思議な野菜ですよね。

その答えはなんと、冬瓜(とうがん)の日持ちの良さにあったのです。冬瓜(とうがん)は保存に大変適した野菜で、冷暗所に保存すれば冬まで保存出来るのです。この日持の良さから、冬瓜(とうがん)と名付けられたと言われています。

日持の良い冬瓜ですが、できれば美味しい時期に美味しく料理をして食べたい所です。ご近所さんから冬瓜(とうがん)を頂いた場合は選ぶ事はできませんが、スーパーなどで冬瓜(とうがん)を買う場合は、良い冬瓜(とうがん)を選びましょう。選び方のコツは、冬瓜(とうがん)をいくつか手にとり、重みがあるものを選ぶ事です。また、緑色が濃く、模様がはっきり出ているものが中身の詰まった美味しい冬瓜(とうがん)だと言われています。

当サイトでは、冬瓜(とうがん)の料理・レシピ、冬瓜の美容効果や冬瓜の栄養価、冬瓜の保存方法などについて説明しています。ご近所さんから冬瓜をもらったものの、料理の仕方がわからないんじゃ勿体ない!旬の野菜、冬瓜(とうがん)料理を美味しく食べて、この夏を乗り切りましょう!

■ 良く読まれる記事